アルコールで太る?!

そろそろ、また、歓送迎会の多い時期になってきました。

ダイエットとアルコールの関係はどうなのでしょうか?

「酒飲みは太る!」

「酒飲みに痩せている人が多い!」

という方もいますね。

本当のところは、どうなのでしょうか?


アルコールは、いくら飲んでも太りません! 大丈夫です。

アルコールのカロリーは、すぐに消費されてしまい、脂肪には蓄えられません。

でも、健康のためにも飲み過ぎには注意が必要ですね。

アルコールは、毒なので、体に入ると肝臓が一生懸命に働いて早く解毒とします。

体に入ったアルコールは肝臓の酵素によりアセトアルデヒド、

さらには酢酸へと代謝され、

最後には、水と二酸化炭素にまで分解されます。

肝臓は体にとって毒であるアルコールやアルデヒドを最優先で分解しようとするので、

飲酒により肝臓に負担がかかるのは当然です。

ちなみにアルデヒドは

顔のほてりや動悸、頭痛などの飲酒による悪酔い、二日酔いの原因とされます。

長期に大量の飲酒をすることで脂肪肝になり、

さらに飲酒を続けることでアルコール性肝炎や肝線維症、

治ることがない肝硬変へと移行します。



また、健康な人でも年をとれば誰でも脳が萎縮していきますが、

飲酒により若いときから前頭葉を中心とした脳の萎縮が現れると言われています。

お酒を飲むときは、適量で肝臓に負担をかけないように、そして、休肝日をもうけるようにしたいですね。

肝臓は、アルコールを飲んでいるときは、解毒に全てのパワーを使っているので、

その時に食べた、カロリー(脂肪、糖など)は、全て肝臓の処理が不能なので脂肪に蓄えられてしまいます。

従って、飲んでいるときに食べた物は、脂肪に蓄えられてしまうので、飲んだら太ると考えるのが妥当です。

飲む前にある程度食べてしまい、飲んでいるときはカロリーの少ないものをつまむことが太らない予防になりますね。

肝臓を休める食品として

低脂肪・高タンパク 枝豆、豆腐

肝機能を高める

イカ、タコ、エビの刺身

ビタミンA

レバー、にんじん、カボチャ、うなぎ

ビタミンB1

豚肉(赤身)、玄米、大豆

ビタミンC

イチゴ、ブロッコリー、みかん

アルコールを飲んだ翌朝、食欲がなければ

果物は、ビタミン、ミネラルが摂れ、さらに果物に含まれる糖分、果糖にはアルコールの分解を助ける働きがありますので、お勧めですね。

飲み過ぎないように注意するのが一番ですね。