ゼロカロリーでも太る

低カロリー食品だから大丈夫!!

落とし穴です。

低カロリーでもそれを摂取すると、ノンカロリー、低カロリーにするために入れた食品添加物で酵素の働きが悪くなってしまいます。

酵素がないとせっかく摂取した栄養素を取り入れることが出来ずに体外に排出されてしまいます。

従って、それにより体が疲弊することで代謝が下がってしまい、
太りやすい体になってしまいます。

ノンカロリーだから太らないというのは一種の虚構に過ぎません。


肥満の原因は体内バランスの崩れ

たとえ、ノンカロリーであっても、体に不必要なものを体内に入れる習慣は肥満をもたらします。

低カロリーだと思うと、ついつい食べ過ぎてしまったり、人工甘味料をとり続けることで、甘さになれて、甘いものへの欲求が高まりやすくなります。

低カロリーだと通常のものより多く摂取してしまいがちになります。

低カロリー食品であってもろ健康に対するリスクは変わりません。

食事内容のバランスをしっかりと考えましょう。