冷え症とダイエットの関係は?

「冷え性」と「低体温」の違いをご存じでしょうか?

「冷え性」は、

手足が冷たいと感じる状態です。

座っているときでも、立っているときでも、脚が冷たく感じたり、

お風呂から上がっても直ぐに冷たくなったり、はっきりと自覚症状がある場合です。

これは、体の防御反応で 体温が下がらないように 末梢血管を就職させて

温かい血液を体の中に 閉じ込めて 体温を下げないようにする 大切な機能です。

「低体温」は、

体の中で作られる熱その物が低い状態です。

本人は、 冷えている自覚がほとんどありません。

体の内部が冷えているので 新陳代謝が低下しています。

そのため、

太りやすい

お肌のトラブル

アレルギー症状

不眠症

血糖症

うつ傾向

など、様々な症状が現れます。

「低体温」は、

体の表面温度だけは高かったり(体温計では平熱)、

時間帯によっては体が冷えていない

と言う、 「隠れ低体温」の人も多くいます。

ダイエットをしていて、

食事量を減らしても、運動をしても、何をやっても、

どうも、ダイエットできない、 ダイエットどころか、更に増えてしまった。

そんな方は、 「低体温」を疑ってみることも必要です。

ダイエットの敵は「低体温」

低体温の方は、 お腹を温めます。

・ウェストフォーマー
 腹巻きですね。 汗を吸収して、発散してくれる「シルク」制のものがお勧めです。

・今はやりの「ショウガ」をとってもらうのも大切ですね。

・ダイエットに欠かせない野菜ですが、
 低体温症の方は、 「生野菜」は、体温を下げてしまうので、「温野菜」がお勧めです。
 但し、「生野菜」にある「酵素」が少なくなりますので、「低体温症」が改善するまでは、
 サプリで補うと良いでしょう。

・首を温めます。
 首(neck)、手首、 足首 首の付くところを暖めるのも良いですね。

・電気治療器で暖める
 超短波、 マイクロ波
 などで、深部を直接暖めるも良いです。

・運動
 特にインナーマッスルを鍛える運動がお勧めです。

「低体温」は、 一朝一夕では 改善しません。
継続してできるものを 選んでやれると良いですね。

高橋美容整体院では、

腹部の上(おへそより上の部分)が冷えているのか、

腹部の下部(おへそより下の部分)が冷えているのか、

Oリングテストでチェックして、

その部分を 施術中に「超短波治療器」を利用して 暖めています。

最初は、 最高レベルで暖めていても感じなかった人が 改善してくると熱く感じるようになってきます。